第44回東文研・ASNET共催セミナー:ドキュメンタリー映画を見る(第2弾)「それでも種をまく」

第44回東文研・ASNET共催セミナー:ドキュメンタリー映画を見る(第2弾)
『それでも種をまく』

下記の要領で第44回セミナーを開催いたしますので、ご案内いたします。
ドキュメンタリー映画を鑑賞し、笠原眞弓氏の解説を窺います。
参加申し込みは必要ありませんので、奮ってご参加下さい。

日時:2012年2月9日(木)18:00-19:00
会場:東京大学東洋文化研究所3階 大会議室
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
スケジュール
(1)『それでも種をまく』(2011年、日本、24分)の鑑賞
(2)笠原眞弓氏(国際有機農業映画祭運営委員)よる解説

映画の解説
構成:小池菜採 
制作:国際有機農業映画祭運営委員会
 有機農業は、生命のつながりの中にある。生産者と消費者のつながり、生産者と地域のつながり、そして、循環する生態系とのつながり。しかし、福島第一発事故とそれによる放射能汚染は、こうしたつながりを暴力的に断ち切った。その痛みの中で、なお「つながり」を取り戻すための種をまこうとしている人びとの姿を追う。この作品は、大震災・原発事故以降、厳しい現状と立ち向かう農家たちの話を映像で撮った国際有機農業映画祭委員会の自主作品である。(国際有機農業映画祭HPから)

笠原眞弓氏プロフィール
『婦人之友』編集部勤務後、「ネオニコチノイド系農薬の使用中止を求めるネットワーク」の事務局を務める。国際有機農業映画祭運営委員。日本有機農業研究会会員として長年培ってきた人のつながりから、311大震災・原発事故以降、福島を中心にした有機農業の現場をたびたび訪ね、百姓たちと現状を聞き、共感し、それを映像に残す。

お問合せ先:日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)
電話:03-5841-5868
e-mail: asnet[at]asnet.u-tokyo.ac.jp